トップへ

サイトマッププライバシーポリシー免責事項

ひげ脱毛にデメリットはあるのか?

ひげ脱毛って良いことばかりでは?

ひげを脱毛してしまえば、毎日のひげ剃りから解放されるし、多くの女性の嫌う不潔感、見た目の悪さからも解放されるのだから、良いことばかりでデメリットなんてないんじゃないかと思いますが・・・あえて、デメリットとなる事をみつけてみました。

念のためひげ脱毛する前に、ヒゲ脱毛したあとのデメリットについても確認しておきましょう。

脱毛後の肌

脱毛は少なからす゛肌にダメージを与えます。どんな脱毛方法であっても、赤みがでたり、ひどい場合は腫れたり、熱をもってヒリヒリしたりします。いずれ回復はしますが、見た目もあまりよくなく、しっかりとケアしておかないと、肌が荒れてしまいます。

またレーザーなどの照射が適切でなければ、色素沈着を起こし、シミが残ってしまう事があります。
女性の脱毛では実際にレーザー脱毛で色素沈着を起こしてしまっている人もいます。
まあ男性の場合は、よほど白い肌で無ければ少しぐらいのシミだったら気にはならないでしょうけれど・・・ほおなどに大きなシミができたりしたらあまりうれしくはないですよね。

毛嚢炎(もうのうえん)の発症

ひげ脱毛で毛嚢炎

毛嚢炎(もうのうえん)というのは、ニキビのような吹き出物が出る症状です。

自然に治る場合もありますが、膿んでしまうこともありますので、特に顔を脱毛するヒゲ脱毛では注意が必要です。
この毛嚢炎(もうのうえん)は、脱毛したあとの毛穴に細菌が入り込んで起きます。
脱毛の施術をうけると、肌の表面のバリア機能が弱くなることで細菌が侵入しやすくなります。
しっかりとしたケアとすることで防げますが、万一起きてしまった場合は、早めに施術したところに相談しましょう。

増毛・硬毛化

ヒゲ脱毛で毛嚢炎

脱毛は髭を減らすためにやっているわけですが、実は、まれにレーザーや光を当てると、毛が増えてしまう、増毛や、毛が太くなってしまう硬毛化が起きることがあります。

その原因は詳しくは分かっていないのですが、破壊に至らなかった毛根周囲の細胞の活性されることによって、増毛や硬毛化が起きるのではないかと考えられています。
こうなってしまった場合は、再度照射をして、脱毛させる対象方法が有効の様です。
薄毛の人に弱いレーザーを充てて、増毛させるという方法もありますから、増えるという現象があるのもありえることだと思えます。

泥棒ひげになってしまう

脱毛で泥棒ひげになる?

ヒゲ脱毛したあとに、髭剃りをしてもひげがそれず、くっきりと口の周りがくろぐろとしてしまうことがあります。

これは、毛穴の中で焼かれて、柔らかくなった毛が残っていることで、シェーバーでそれない状態の毛ができることでそうなります。
ただし、もう脱毛されている毛なので、次第に脱毛していきますのでほおっておいて問題ありません。
逆に無理に深剃りしようとして、肌を傷つけてしまって、毛嚢炎になってしまったりする可能性があります。
途中で切れて、皮膚の表面ででてこない、埋没毛になってしまったりすることにもなりかねません。
どうしても気になるようであれば、マスクをしてしばらく我慢するようにしましょう。

後で髭が欲しくなる事も?

若いうちはいいかもしれませんが、年齢を重ねて、もう少し貫禄が欲しいと想ったり、流行で髭を生やす男がモテたりする時代が来ないとも言えません。

また、ひげが好みの女性と出会い、その人のために髭を生やしたいと思う事があったりするかもしれません。
そんな時に完全に永久脱毛されてしまい、50歳60歳になっても全く生えて来なかったら、もしかするとツルツルな顔に後悔するようなこともあるかもしれません。
全部でなくて、一部ぐらいは残しておけばよかったと思っても、脱毛することはできても、故意に思ったように生やすことはできないですよね。

 

とはいってもデメリットはこれぐらいですし、あくまで家庭のことも多いですから、あまり脱毛のメリットに比べてデメリットは小さなものだとは思います。
どうしても心配な人は、まず間引きなどをしてみたり、デザインひげを考えてみてもいいかもしれませんね。

ひげ脱毛にデメリットはあるのか?|ヒゲ脱毛の副作用・トラブル関連ページ

髭は悪臭の原因?
ひげが臭う事はありませんか? ひげは濃いほど臭いを発生しています。加齢が進むごとにより加齢臭などが臭います。
青髭を解消したい!
ヒゲを剃るとかえって剃り跡が青くなって不潔感が出ることで悩んでいる男性のために青ヒゲ解消の方法についてまとめてみました。
脱毛方法による痛さの違い
脱毛はとても痛いというのが良く知られています。しかし、脱毛方法にょってはあまり痛くないものもあります。痛みと脱毛方法についてまとめてあります。
ヒゲ脱毛の期間と回数
脱毛が完了するまでどのぐらいかかるかご存知ですか?ヒゲ脱毛も何か月もかかるものです。脱毛の期間や回数について知っておきましょう。
髭を永久に脱毛するには
脱毛にもいろいろ種類があります。つりぴかになるまで脱毛し、ずっとその状態を保つには永久脱毛が必要です。 永久脱毛は脱毛サロン(光脱毛)では出来ないことをご存知でしたか。
脱毛後のアフターケア
脱毛後のケアは大切です。脱毛して毛が無くなっても肌がぼろ簿であったら、せっかくの脱毛も台無しですし、肌トラブルで痛みや見た目で辛い思いをするかもしれません。
意外! 医療脱毛のリスク
脱毛は肌を傷めたりするトラブルがありリスクがあるのでエステでなく医療脱毛の方が安心というような書き込みなど見ることがありますが、実際はそうではありません。
実際にかかる料金は?
ヒゲを脱毛する場合の費用について解説します。脱毛方法によって大きく異なります。ヒゲの量と脱毛料金は必ずしも比例するというわけではありません。
解約・途中解約について
脱毛は費用がかかるのでローン契約をすることになる事も結構あります。契約した後にまた脱毛中に解約したくなった場合、途中解約ばできるのでしょうか?脱毛に関する解約の方法についてしっておきましょう。
予約のキャンセル料金
ヒゲ脱毛の予約を入れる時は、キャンセル料金の有無に注意しよう。とても高いキャンセル料金設定になっているところもあります。
女性に脱毛してもらうのは恥ずかしいので男性スタッフ対応の脱毛サロンに行った。
脱毛サロンと言えば、カウンセリングも脱毛の施術をしてくれるのも女性がほとんど。脱毛したいけれど女性が苦手と言う人は、男性スタッフ対応の脱毛サロンがあるのでそこで脱毛すれば大丈夫です。
口コミは本当なのか?
ヒゲ脱毛に関する口コミを色々な読んで感じたことをまとめています。ネット上の口コミQ&Aサイトの情報をうのみにしてはいけないと感じました。
ヒゲ脱毛と男の肌トラブル
顔に赤みやできものがあると男も印象が良くありません。髭剃りを繰り返すほど肌を傷め、肌荒れのリスクが高まります。何十年も肌に刺激を与え続ける髭剃りを止める事が肌を守る事になります。
ヒゲ脱毛事前チェック|脱毛の施術がうれられない場合もある
事前知識として契約をする前に、ヒゲ脱毛ができない場合もあることを知っておこう。肌の状態や体調によっては脱毛の施術が受けられない場合もあります。

よく読まれているコンテンツ


 
ホーム ランキング 体験口コミレポート 費用比較 ヒゲ脱毛の知識