トップへ

サイトマッププライバシーポリシー免責事項

脱毛方法によって痛さが全然違うって?

脱毛の痛みは、脱毛方法で異なります。

脱毛の痛みの感じ方は個人差もあります

痛さを感じる度合いというのは、やはり個人差というものも存在します。年齢差によるものも当然あります。

ですので、人があまり痛くないと言ったとしても、必ずしも、あなたも痛くないとは限りませんので、その点は頭に入れておきましょう。
ただ、絶対的な痛みの大きさという点では、脱毛の方法によって大きく違いますので、そのことを十分理解しておく必要があります。

脱毛方法による痛みの違い

ニードル脱毛が一番痛い

脱毛の痛さの差は脱毛の方法による差異が一番大きいと思います。痛みが一番つよいのはやはり器具を毛穴に挿入し微弱な電気を流す美容電気脱毛(ニードル)という方法での痛みです。再生しにくく、脱毛後の状態の維持力が高いで、しつこく生えて来るひげ脱毛では、今も有力な脱毛方法として利用されています。ただし女性の脱毛、全身やワキなどでは、ほとんど行われなくなってきています。

それだけ痛みが強く、長い時間耐えることが困難だという事です。
ただし、ひげだけでしたら短時間ですみますし、男性のとてもしつこくて強い髭の場合は、美容電気脱毛(ニードル)いう選択をされる方も多く、効果の高さから、多少の痛みはこらえる価値はあると思います。

レーザー脱毛も結構痛い

ニードル脱毛ほど痛いわけではありませんが、強くゴムではじかれるような痛みは、結構痛いもので、痛くない脱毛方法とはいえません。出力を高くし処理することで組織を破壊するので、やはり痛みがあるのは仕方がないところです。

ただし、医療機関でしかできないので、麻酔を用意しているところもあります。麻酔の種類をいろいろ用意していて、その人の痛みに対応できるクリニックで脱毛する事がおすすめです。(3種類用意しているのはゴリラクリニック)また肌トラブルを招くリスクがあるので、医療機関といっても、いい加減なところもあるので無名なところはちょっと心配です。

光脱毛は痛が少ない

光脱毛は脱毛方法の中でももっとも痛みが少ない脱毛方法です。ただ、痛みの少ない光脱毛の中でも、多少脱毛機械の種類による差というものも存在します。また痛みの軽減には、冷却材や、ジェルなどを使用して、より痛みを少なくする方法がとられています。

脱毛サロンや、エステでの施術がおおい光脱毛では、麻酔を使えませんので、麻酔による痛みの軽減はありません。痛みの種類はは、原理はレーザーと似ているので、レーザーほどではありませんが、ゴムではじかれたような痛みを感じる人がおおいでしょう。
ただし、耐えがたいような痛みではないため、光脱毛は痛みより、効果について心配になる場合があります。

部位による痛みの違い

脱毛方法による痛みの違いが一番大きいわけですが、脱毛する部位による痛みの違いもかなり大きいのです。
人の皮膚には、痛覚があり、それは全身同じようにあるわけではなく、敏感な部分があります。
顔、デリケードゾーンといわれる、女性の脱毛でいうVIOなどは、腕や手足などと比べればはるかに痛みを感じる度合いが強くなります。
また顔の中でも、鼻の下は敏感に痛みを感じる部分です。

痛みと麻酔

脱毛クリニック、美容皮膚科、美容外科など医療機関で脱毛を受ける場合は、麻酔がオプションで用意されている場合があります。
麻酔といっても色々なタイプがあり、どこのクリニックでも用意されているとは限りませんので、事前に確認しておく必要がありそうです。
いくつか麻酔の例を上げておくと、「笑気ガス」というものがあります。これは最近歯医者さんなどでも耳にすることがありますが、亜酸化窒素と医療用酸素を使用した麻酔で、これを吸い込むと、少し酔った感じになり、感覚が鈍くなるため、脱毛の痛みにも鈍感になるというタイプの麻酔で、麻酔としての効力は弱いので、副作用の危険性も少ないようです。また皮膚に直接塗りこむことで皮膚の間隔が鈍感になる高濃度表面麻酔クリームというクリーム状の麻酔もあります。
そして、治療などでよく使われる、局部麻酔注射などが代表的な脱毛に使用される麻酔の方法です。

痛み軽減に積極的リぜクリニック

メンズリぜクリニックは、そんなに痛くないと否定するのではなく、かなり痛いと明言し、施術の方法や、個人個人に合わせた、施術で痛みを軽減させている、痛みを和らげる事に積極的に取り組んでいるクリニックです。
レーザー脱毛をしたいけれど、痛みが気になるという人は、リぜクリニックがおすすめです。
もちろん、笑気麻酔、麻酔クリームなどもオプションで選べます。

脱毛方法によって痛さが全然違う|ヒゲ脱毛の痛み関連ページ

髭は悪臭の原因?
ひげが臭う事はありませんか? ひげは濃いほど臭いを発生しています。加齢が進むごとにより加齢臭などが臭います。
青髭を解消したい!
ヒゲを剃るとかえって剃り跡が青くなって不潔感が出ることで悩んでいる男性のために青ヒゲ解消の方法についてまとめてみました。
ヒゲ脱毛の期間と回数
脱毛が完了するまでどのぐらいかかるかご存知ですか?ヒゲ脱毛も何か月もかかるものです。脱毛の期間や回数について知っておきましょう。
髭を永久に脱毛するには
脱毛にもいろいろ種類があります。つりぴかになるまで脱毛し、ずっとその状態を保つには永久脱毛が必要です。 永久脱毛は脱毛サロン(光脱毛)では出来ないことをご存知でしたか。
脱毛後のアフターケア
脱毛後のケアは大切です。脱毛して毛が無くなっても肌がぼろ簿であったら、せっかくの脱毛も台無しですし、肌トラブルで痛みや見た目で辛い思いをするかもしれません。
意外! 医療脱毛のリスク
脱毛は肌を傷めたりするトラブルがありリスクがあるのでエステでなく医療脱毛の方が安心というような書き込みなど見ることがありますが、実際はそうではありません。
実際にかかる料金は?
ヒゲを脱毛する場合の費用について解説します。脱毛方法によって大きく異なります。ヒゲの量と脱毛料金は必ずしも比例するというわけではありません。
ヒゲ脱毛のデメリット
ヒゲ脱毛はいいことばかりだと思いますが、デメリットもあるのでしょうか?考えられるデメリットについてあげてみました。
解約・途中解約について
脱毛は費用がかかるのでローン契約をすることになる事も結構あります。契約した後にまた脱毛中に解約したくなった場合、途中解約ばできるのでしょうか?脱毛に関する解約の方法についてしっておきましょう。
予約のキャンセル料金
ヒゲ脱毛の予約を入れる時は、キャンセル料金の有無に注意しよう。とても高いキャンセル料金設定になっているところもあります。
女性に脱毛してもらうのは恥ずかしいので男性スタッフ対応の脱毛サロンに行った。
脱毛サロンと言えば、カウンセリングも脱毛の施術をしてくれるのも女性がほとんど。脱毛したいけれど女性が苦手と言う人は、男性スタッフ対応の脱毛サロンがあるのでそこで脱毛すれば大丈夫です。
口コミは本当なのか?
ヒゲ脱毛に関する口コミを色々な読んで感じたことをまとめています。ネット上の口コミQ&Aサイトの情報をうのみにしてはいけないと感じました。
ヒゲ脱毛と男の肌トラブル
顔に赤みやできものがあると男も印象が良くありません。髭剃りを繰り返すほど肌を傷め、肌荒れのリスクが高まります。何十年も肌に刺激を与え続ける髭剃りを止める事が肌を守る事になります。
ヒゲ脱毛事前チェック|脱毛の施術がうれられない場合もある
事前知識として契約をする前に、ヒゲ脱毛ができない場合もあることを知っておこう。肌の状態や体調によっては脱毛の施術が受けられない場合もあります。

よく読まれているコンテンツ


 
ホーム ランキング 体験口コミレポート 費用比較 ヒゲ脱毛の知識