トップへ

サイトマッププライバシーポリシー免責事項

ヒゲ脱毛開始前のチェック

ヒゲ脱毛ができない事例をチェック

ヒゲ脱毛事前チェック

いざ、脱毛を始めるぞ〜!

なんて気合を入れたのにサロンやクリニックに
行ったら断られた!
なんてこともありえます。

 

そうならない為にも、事前知識として脱毛を始める前に、知っておいた方がいい注意事項をまとめておきます。

 

脱毛自体を断られる場合
  • 未成年(年齢によっては親の承諾があればOK)
  • 持病がある(肌に関するものは特に注意)
  • 過度の日焼けをしている(もともと色黒の人も注意)

ヒゲ脱毛事前チェック

脱毛できない箇所
  • タトゥーの入った部位
  • 体内に金属や機械が入っている
  • 埋もれ毛、、巻き毛、、ほくろ、あざ
  • 肌の状態が悪い
当日に施術が出来ない場合
  • 体調が悪い
  • 予防注射を打たない
  • 薬の服用や塗り薬を塗っている
  • 自己処理に毛抜きを使用
  • 当日の飲酒や汗をかく行為をしない
未成年

ヒゲ脱毛事前チェック

多くのサロンやクリニックでは未成年の脱毛は行っていないところが多いです。

 

理由として成長途中なので、いま毛をなくしたとしても、今後生えてくる可能性が高いことと、

 

毛も肌も身体も完成しきっていないので、なんらかのトラブルが起きる可能性があるからです。

 

多くのサロン・クリニックでは、15歳(高校生)から脱毛OKな所が多いようです。

 

未成年は親の承諾書が必ず必要になりますが、特に書式が決まっているわけではなく、そのサロンのHPに親権者の同意書が用意されている場合が多いです。

 

事前に同意書を準備していかなかった場合でも、無料カウンセリング時には渡されます

 

持病がある

ヒゲ脱毛事前チェック

持病によっては脱毛自体を断られてしまう場合もあります。

 

心配な場合は、カウンセリングに行く前に電話で確認しておきましょう。

 

主にNGなのが内臓系の疾患や甲状腺や静脈瘤やてんかん、うつ病など。

 

それぞれの脱毛サロンによって、規定が違うので、脱毛を浮けようと思うところで個々に聞いてみる必要があります。

 

また、医師の許可書があればOKというところもあります。

 

日焼け

ヒゲ脱毛事前チェック

光脱毛、レーザー脱毛の場合は、黒いものに熱が集まる原理を利用しています。

 

だから黒い毛に光があつまって毛が抜けるのですが、日焼けをしてしまうと毛根のみに集中し光が当たらないため、

 

毛が抜けずらくなってしまったり、最悪の場合は肌にも熱が集まって、火傷を負う危険が高まります。

 

だからサロンやクリニックは日焼けをした肌には、脱毛ができません。

 

もちろん日焼けが落ち着いて、肌のいろがもとに戻れば可能になります。

 

美容電気脱毛は、1本1本の毛に直接脱毛処理を行うので、肌の色は関係なくできます。

 

脱毛できない箇所

 

タトゥー

ヒゲ脱毛事前チェック

光脱毛は黒いものに反応するからタトゥーを入れている箇所は部位まるごと出来ない可能性があります!

 

もし肩回りにいれていた場合は、ウデ全部、背中にかかっていれば背中も、全部脱毛を断られるかもしれません。

 

お願いすればギリギリまでしてくれる所も、あるかもしれないけど、火傷などをしても自己責任です。

 

まあ、ヒゲ脱毛ですから、顔にタトゥーを入れている人は、まずいないとは思いますが。

 

 

体内に金属や機械が入っている

ヒゲ脱毛事前チェック

事故などの手術やペースメーカーなど、体内に金属が入っている場合は脱毛NGなことが多いです。

 

光は金属にも反応しやすいから、金属がはいった部分に熱を帯びやすく、痛みを感じたり、機械の機能が停止する可能性もあるためです。

 

だから、必ずカウンセリング時に自己申告をしないといけまぜん。

 

 

埋もれ毛、巻き毛、ほくろ、あざ

 

ヒゲ脱毛事前チェック

埋もれ毛、巻き毛は主に毛抜きなどの自己処理で起きやすくなります。

 

毛を抜いたときに途中で切れてしまったりして、次の毛が上手く生えてこられず、皮膚の下に毛が埋まってしまう症状のことです。

 

光脱毛やレーザー脱毛では、ほくろなどの濃い色に反応してしまうので、シールで保護するなど、その部分を避けて脱毛をすることになります。

 

そうそう、転んでアザなんかが出来ていた場合も同様に脱毛はできないのです。

 

 

肌の状態

 

ヒゲ脱毛事前チェック

男性で肌の手入れまでしてる人はかなり少ないでしょう。

 

脱毛をする時は、肌の色に関係なく大なり小なり肌にダメージがあります。軽い火傷をおった状態に近いものがあります。

 

ですから、あまりにも肌の状態が悪いと当日の脱毛を断られることもありえます。

 

どんな肌状態だとダメかというと、アトピー持ちでアトピーの症状が多く出てる状態や、

 

カサカサして極度の乾燥肌である状態、膿みや赤みがひどいニキビがある状態などです。

 

このような場合は、当日の肌状態が理由で脱毛を断られることがあります。

 

できるだけ脱毛時は、肌の状態を整えるべく、一週間前ぐらいからケアしておくことをお勧めします。

ヒゲ脱毛事前チェック|脱毛の施術がうれられない場合もある関連ページ

髭は悪臭の原因?
ひげが臭う事はありませんか? ひげは濃いほど臭いを発生しています。加齢が進むごとにより加齢臭などが臭います。
青髭を解消したい!
ヒゲを剃るとかえって剃り跡が青くなって不潔感が出ることで悩んでいる男性のために青ヒゲ解消の方法についてまとめてみました。
脱毛方法による痛さの違い
脱毛はとても痛いというのが良く知られています。しかし、脱毛方法にょってはあまり痛くないものもあります。痛みと脱毛方法についてまとめてあります。
ヒゲ脱毛の期間と回数
脱毛が完了するまでどのぐらいかかるかご存知ですか?ヒゲ脱毛も何か月もかかるものです。脱毛の期間や回数について知っておきましょう。
髭を永久に脱毛するには
脱毛にもいろいろ種類があります。つりぴかになるまで脱毛し、ずっとその状態を保つには永久脱毛が必要です。 永久脱毛は脱毛サロン(光脱毛)では出来ないことをご存知でしたか。
脱毛後のアフターケア
脱毛後のケアは大切です。脱毛して毛が無くなっても肌がぼろ簿であったら、せっかくの脱毛も台無しですし、肌トラブルで痛みや見た目で辛い思いをするかもしれません。
意外! 医療脱毛のリスク
脱毛は肌を傷めたりするトラブルがありリスクがあるのでエステでなく医療脱毛の方が安心というような書き込みなど見ることがありますが、実際はそうではありません。
実際にかかる料金は?
ヒゲを脱毛する場合の費用について解説します。脱毛方法によって大きく異なります。ヒゲの量と脱毛料金は必ずしも比例するというわけではありません。
ヒゲ脱毛のデメリット
ヒゲ脱毛はいいことばかりだと思いますが、デメリットもあるのでしょうか?考えられるデメリットについてあげてみました。
解約・途中解約について
脱毛は費用がかかるのでローン契約をすることになる事も結構あります。契約した後にまた脱毛中に解約したくなった場合、途中解約ばできるのでしょうか?脱毛に関する解約の方法についてしっておきましょう。
予約のキャンセル料金
ヒゲ脱毛の予約を入れる時は、キャンセル料金の有無に注意しよう。とても高いキャンセル料金設定になっているところもあります。
女性に脱毛してもらうのは恥ずかしいので男性スタッフ対応の脱毛サロンに行った。
脱毛サロンと言えば、カウンセリングも脱毛の施術をしてくれるのも女性がほとんど。脱毛したいけれど女性が苦手と言う人は、男性スタッフ対応の脱毛サロンがあるのでそこで脱毛すれば大丈夫です。
口コミは本当なのか?
ヒゲ脱毛に関する口コミを色々な読んで感じたことをまとめています。ネット上の口コミQ&Aサイトの情報をうのみにしてはいけないと感じました。
ヒゲ脱毛と男の肌トラブル
顔に赤みやできものがあると男も印象が良くありません。髭剃りを繰り返すほど肌を傷め、肌荒れのリスクが高まります。何十年も肌に刺激を与え続ける髭剃りを止める事が肌を守る事になります。

よく読まれているコンテンツ


 
ホーム ランキング 体験口コミレポート 費用比較 ヒゲ脱毛の知識