トップへ

サイトマッププライバシーポリシー免責事項

主なヒゲ脱毛の方法についてまとめています。

脱毛クリームは顔に使うのは危険

光も、レーザーも直ぐには脱毛しませんので、直ぐにひげをなくしたい場合は向きません。

ニードル髭脱毛の場合はその場で抜きますので、ひげは減ります。しかし痛いですし、時間もかかるので、一日で全部というのは不可能です。
では今すぐひげを減らしたい、早く青髭から解放されたいという場合はどうしたらいいのでしょうか?
なかには、脱毛クリームを使ってひげ脱毛する事はできないのかと考えたことがある人もいると思います。
実は私もその一人です。実際に脱毛クリームで、ひげ脱毛を試みたことがあります。

脱毛クリームでひげ脱毛したら、肌が酷いことになった

もともと、顔用に作られている脱毛クリームなんて見当たりません。

それは、とても肌に刺激があるので、何かあったら大変なので、体に使う脱毛クリームしか見当たりません。
そんなものを使ったらどうなるか・・・とうぜん肌が傷みます。
さすが強力な脱毛クリームです。ひげに使ったらちゃんと髭がぽろぽろと垢が出るかのように抜けました。
しかし!ぬった直後からぴりぴりしだして、赤くなってしまいました
ひりひりするので、冷水で洗いましたが、翌日は肌荒れして、大変なことになってしまいました。
もともと肌弱かったですし・・・二度としてはいけないと実感しました。
だからみなさんも、脱毛クリームをひげ脱毛に使うのは危険ですからやめましょう。
どうせ4〜5日ぐらいしか効果がありません(髭は毛周期が体毛より短いので直ぐ生えかわる)し、肌荒れしたところのひげ剃りが困難になって余計に汚い顔になってしまい、逆効果です。

ひげローションの方が安全

いまは、ひげ専用にローションが出ていて(抑毛ローション)、そのローション(ジェルタイプもある)は肌をケアする成分も入っているので、ひげ剃り後に最適です。

そしてひげの抑毛効果もあり、青髭の解消や、濃い髭を薄くする効果を謳っています。
ただし、肌に優しいという事は、当然脱毛の効果はとても弱く、3ヶ月ぐらいたっぷり使いましたが、私の場合は全く変わりませんでした
半分以下の人には、ひげが薄くなったとか、細くなったとか、生えて来るペースが落ちて、日に1回で良くなったとかいう人もいます。
かなり個人差があるようなので、使ってみないと分からないと思いますが、少しでもひげそりが楽になればいいという方は試してみてはどうかと思います。

完全脱毛は無理

ただ塗るだけでひげ脱毛が完了するわけではないということは良く知っておかなければなりません。

またコストの面で考えても、ローションタイプでも5000円以上はしますから、続けて使っていくには結構なコストです。
効果が上がるかどうかわかりませんし、効果が出た人でもやめればまたひげは生えて来るでしょう。
結局、げと完全にさよならしたいならば、光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛で2年位かけて脱毛するのが早道かと思います。
急がば回れであって、近道はないのだと思います。

どうしても自力だ脱毛したい場合

それでも、どうしても脱毛サロンや、クリニックに通わずにひげ脱毛をしたい。

という方は、自宅で自分でできる家庭用の脱毛器をお使いください。
これでも完全なヒゲ脱毛はできませんが、髭剃りが楽になる程度の効果は期待できます。
なおお勧めは、ケノンという脱毛器です。

脱毛クリームでひげ脱毛関連ページ

ニードル脱毛(電気針)
ぶーローブという器具を毛穴に入れてに電流を流して1本ずつ脱毛する脱毛方法についてのメリットやデメリットについて
光脱毛(フラッシュ)
光を当てて脱毛する光脱毛(フラッシュ)とはなにか、その特徴や原理、メリットやデメリットなどについてまとめています。
レーザー脱毛
医療機関でしか行えないレーザー脱毛について、その特徴や原理など、メリットやデメリットなどについてまとめています。

よく読まれているコンテンツ


 
ホーム ランキング 体験口コミレポート 費用比較 ヒゲ脱毛の知識