トップへ

サイトマッププライバシーポリシー免責事項

光脱毛(フラッシュ)とは何か?メリットデメリット

光脱毛(フラッシュ)とは?

光脱毛(フラッシュ)の原理

光脱毛は、そのほかにもフラッシュ脱毛、IPL脱毛など色々な呼称が使われていますが、基本的にみな光を当てる脱毛方法です。

光にはそれぞれ色々な波長があり、波長によって性質も異なります。この性質の中で、400〜1200nmの波長の光は、黒いもの、つまり肌でいうとメラニン色素に吸収されやすいという特徴があります。現在は光源にキセノンランプという物が使われていて、発光時に高熱を発するため、冷却装置が組み込まれています。またこの光を吸収しやすくするためジェルを使用する機械やその必要がない装置などがあります。日々フラッシュ脱毛機械は進化していてその装置によって性能は異なってきます。照射範囲はレーザーが1平方センチぐらいに対して、平均5平方センチとなるようです。

光脱毛(フラッシュ)のメリット

痛みが少ない

熱せられるため熱さを感じることがありますが、ほとんど痛みは感じません。ただし、人には個人差もありますし、知覚神経が集中している部分では、全く痛みを感じないわけではありません。

脱毛料金が安い

広範囲を一度に処理できるので、短時間で施術できること、また施術者の練度による差がニードル脱毛ほどなく施術できるため料金が安くなります。また、光脱毛器は、美容機器に分類されるため、医療機関以外で使用することができるので、サロン同志の競争があるので、クリニックなどよりも料金がリーズナブルになると考えられます。1回数百円などというキャンペーンもあったりしますので、他の脱毛方法より料金は格段に安いでしょう。

短時間で施術できる

1本ずつ脱毛するニードルよりも、また照射範囲が狭いレーザー脱毛よりも、短時間で広範囲を処理できるので、同じ面積に対する施術時間はかなり短くなります。

処理する前の気遣いが不要

ニードルは毛が伸びていないと処理できませんので、ヒゲを剃らずに施術しに行かなければなりませんが、光脱毛の場合は、普通に髭剃りをしても施術できますので、施術の当日の朝も普段と同じように生活していて問題ありません。

 

光脱毛(フラッシュ)のデメリット

脱毛効果が弱い

ほぼ確実に処理した毛穴からは生えて来なくなるニードルよりは当然、脱毛効果は弱く、また強いレーザーで組織を焼いて処理するレーザー脱毛よりも、確実性は低くなります。一度処理した部分から産毛などが生えて来る場合もあります。ただし個人差が大きいので、光脱毛だけでつるつるになる人もいます。

肌の質によってはできない場合がある

メラニンに反応するので、日焼けした肌の場合は、効果が弱くなる可能性があります。また光過敏症の人は、やるべきではありませんし、アトピーなど肌への刺激を敏感に受け取って湿疹ができるタイプの人は避けるべきです。

夏に日焼けできない。

ヒゲの場合、発毛サイクルが短いのでおそらく1月ごとに行くことにになりますが、施術期間は、日焼けすると効果がでないので、夏をはさむ場合はとくに日焼けに注意しなければなりません。

光脱毛(フラッシュ)とは、そのメリットとデメリット|ヒゲ脱毛関連ページ

ニードル脱毛(電気針)
ぶーローブという器具を毛穴に入れてに電流を流して1本ずつ脱毛する脱毛方法についてのメリットやデメリットについて
レーザー脱毛
医療機関でしか行えないレーザー脱毛について、その特徴や原理など、メリットやデメリットなどについてまとめています。
脱毛クリームでひげ脱毛
一番安くで手っ取り早い脱毛クリームでひげ脱毛はできるのか。その疑問について答えてみました。

よく読まれているコンテンツ


 
ホーム ランキング 体験口コミレポート 費用比較 ヒゲ脱毛の知識