トップへ

サイトマッププライバシーポリシー免責事項

ニードル脱毛(電気針)

ニードル(電気脱毛)とは

ニードル脱毛の脱毛原理

電気脱毛とか、電気針脱毛など、いろいろな言い方はありますが、原理は直径0.05〜0.15mmのプローブと呼ばれる針に微弱な電流また高周波し、それを施術者が毛穴に刺して、毛根部を破壊することによって、その毛穴からの毛の再生を妨げるという脱毛方法です。

ニードル脱毛の歴史は古く、レーザー脱毛などよりも以前から行われてきた脱毛方法です。針は金属で作られていますが、金属アレルギーを避けるため、金やチタンなどで作られているようです。
エステでも、医療機関でも施術しています。医療機関では麻酔をして脱毛することもできますが、エステでは医療行為はできないので、痛みは我慢する必要があります。

ニードル脱毛(電気脱毛)のメリット

半永久的に脱毛できる可能性が高い

1本ずつ毛穴に刺して処理していくので、一度処理された毛穴から再び毛が再生されて生えて来ることはまずないと考えられますので、永久脱毛に近い効果が得られます。

ヒゲのデザインや間引きが可能

1本ずつ処理できるということは、密に生えている部分を間引くように減らすこともできるため、ヒゲの印象を薄くして、いわゆる青髭を解消することができます。さらに、脱毛する部分と残す部分を明確に分けることができるので、ヒゲの形をかっこよくデザインすることができます。

肌質にとらわれず脱毛できる

基本的に毛穴だけにダメージを与えるので、肌の色や、肌の性質(アトピーや敏感肌、乾燥肌)などに関係なく脱毛処理が可能です。

 

ニードル脱毛(電気脱毛)のデメリット

施術時間がかかる

1本ずつ処理するということは、照射範囲内を面で処理する、光脱毛やレーザー脱毛よりも時間がかなりかかってしまうというデメリットがあります。そのため施術者の技量の差でかかる時間が異なってしまうという事もありえます。

痛みが強い

毛抜きで引っこ抜かれるほどではありませんが、それに近い痛みはあります。痛みの強さで比較すると、ニードル>レーザー>光という順になり。光の場合は、殆ど痛みを感じません。(知覚神経は部位によって変わるのでどこの脱毛でも同じではありません。)

費用が高くなってしまう。

1本ずつ処理するので、時間がかかりますし、施術者の負担も大きいわけですから、当然費用は高くなってしまうのは致し方のないところでしょう。

 

ニードル脱毛(電気針)とは、そのメリットとデメリット|ヒゲ脱毛関連ページ

光脱毛(フラッシュ)
光を当てて脱毛する光脱毛(フラッシュ)とはなにか、その特徴や原理、メリットやデメリットなどについてまとめています。
レーザー脱毛
医療機関でしか行えないレーザー脱毛について、その特徴や原理など、メリットやデメリットなどについてまとめています。
脱毛クリームでひげ脱毛
一番安くで手っ取り早い脱毛クリームでひげ脱毛はできるのか。その疑問について答えてみました。

よく読まれているコンテンツ


 
ホーム ランキング 体験口コミレポート 費用比較 ヒゲ脱毛の知識